コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルドー派 ワルドーは

大辞林 第三版の解説

ワルドーは【ワルドー派】

一二世紀にリヨンの商人ワルドー(Pierre Valdo)が創始した民衆宗教運動。清貧を重視し、秘跡を排してローマ-カトリック教会と対立、一三世紀にカタリ派と共に迫害された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワルドー派
わるどーは
Waldenses (Waldencians)

12世紀のフランスにつくられた俗人の贖罪(しょくざい)・清貧の説教団。南フランスのリヨンの商人ワルドーPeter Waldo(英語)Petrus Waldus(ラテン語)(1140ころ―1217)が、1173年ころ路上でアレクシウス伝説詩の歌を聞いて回心し、自分の財産と家族を捨てて巡歴説教を始め、集まった多くの信者をもって75年ころこの教団をつくった。79年の第三ラテラン公会議の際、教皇アレクサンデル3世は彼の意図をたたえ、司祭の許可を条件に説教活動を認めた。80年彼がリヨン大司教の前で行った信仰告白(1946年マドリードで発見)はどの点でも正統なものであったが、84年のルキウス3世の異端禁圧令では「リヨンの貧者」という名で異端と断罪された。リヨン大司教の辱めを受け、急速に異端者ローザンヌのアンリの教義を受け入れたためという。当時の教会が彼らを非難した点は、使徒をまねた服装、宣誓拒否、動物殺傷忌避、サクラメント執行などであった。13世紀にはイタリア、オーストリア、ボヘミア、ポーランド、ハンガリー、北ドイツにも進出したが、たび重なる弾圧で衰微した。宗教改革以後はプロテスタントと自称し、現在も約2万の信者がイタリアのピエモンテ地方に独自の教会を組織して活動を続けている。[今野國雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワルドー派の関連キーワードルキウス(3世)モラビア兄弟会リヨンの貧者オリベタン宗教裁判

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android