コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレカラ(割殻) ワレカラskeleton shrimp

1件 の用語解説(ワレカラ(割殻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワレカラ【ワレカラ(割殻) skeleton shrimp】

端脚目ワレカラ亜目Caprellideaの甲殻類の総称であり,ワレカラ科Caprellidaeに属するものを呼ぶことが多い。体は細長く小型で,海藻やコケムシ類などの間にふつうに見られるシャクトリムシに似たしかたで運動および歩行をする。泳ぐときはボウフラのように体を振って泳ぐ。この名は乾燥させると体の殻が割れることに由来するという。〈あまのかるもにすむむしの我からとねをこそなかめ世をばうらみじ〉(《古今集》)と古く歌にも詠まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone