コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレカラ(割殻) ワレカラ skeleton shrimp

1件 の用語解説(ワレカラ(割殻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワレカラ【ワレカラ(割殻) skeleton shrimp】

端脚目ワレカラ亜目Caprellideaの甲殻類の総称であり,ワレカラ科Caprellidaeに属するものを呼ぶことが多い。体は細長く小型で,海藻やコケムシ類などの間にふつうに見られるシャクトリムシに似たしかたで運動および歩行をする。泳ぐときはボウフラのように体を振って泳ぐ。この名は乾燥させると体の殻が割れることに由来するという。〈あまのかるもにすむむしの我からとねをこそなかめ世をばうらみじ〉(《古今集》)と古く歌にも詠まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワレカラ(割殻)の関連キーワード亜目クロゴキブリ十脚類端脚類此れから我から跳虫横蝦草鞋虫破殻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone