コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレル・ダンマタ Wareru Dhammathat

1件 の用語解説(ワレル・ダンマタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワレル・ダンマタ【Wareru Dhammathat】

ペグー朝(1287‐1539)の始祖ワレルによって集大成されたミャンマーの法典(ダンマタ)。モン語で書かれている。法典は枠組みサンスクリットダルマ・シャーストラに仰いだとみられるが,その中のかなりの条項,なかでもバラモン的要素はほとんどすべて取り除かれて独自のものとなっている。祭司制は無視され,結婚はもはや神聖なる儀式としては取り扱われていない。パーリ語のダンマサッタムはインドの《マヌ法典》の中の第8章と第9章とに包含されている民法および刑法に相当する規定を中心に構成されているが,モン語のダンマタはこのパーリ語のダンマサッタムの翻訳であって,サンスクリットのダルマ・シャーストラとは内容も構成もまったく異なったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワレル・ダンマタの関連キーワードウィニペグペグーグーペグトップバゴパフレビー朝偽ペグマタイトペグマタイト角礫岩ミグマタイト的ペグマタイト花崗岩ペグマタイト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone