コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレル・ダンマタ Wareru Dhammathat

世界大百科事典 第2版の解説

ワレル・ダンマタ【Wareru Dhammathat】

ペグー朝(1287‐1539)の始祖ワレルによって集大成されたミャンマーの法典(ダンマタ)。モン語で書かれている。法典は枠組みをサンスクリットダルマ・シャーストラに仰いだとみられるが,その中のかなりの条項,なかでもバラモン的要素はほとんどすべて取り除かれて独自のものとなっている。祭司制は無視され,結婚はもはや神聖なる儀式としては取り扱われていない。パーリ語のダンマサッタムはインドの《マヌ法典》の中の第8章と第9章とに包含されている民法および刑法に相当する規定を中心に構成されているが,モン語のダンマタはこのパーリ語のダンマサッタムの翻訳であって,サンスクリットのダルマ・シャーストラとは内容も構成もまったく異なったものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ワレル・ダンマタの関連キーワードペグー朝ワレル伏見天皇元の時代(年表)バリニャーノエティエンヌ父子バトラー家三統暦エムネットウィキリークス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android