コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレル・ダンマタ(英語表記)Wareru Dhammathat

世界大百科事典 第2版の解説

ワレル・ダンマタ【Wareru Dhammathat】

ペグー朝(1287‐1539)の始祖ワレルによって集大成されたミャンマーの法典(ダンマタ)。モン語で書かれている。法典は枠組みをサンスクリットダルマ・シャーストラに仰いだとみられるが,その中のかなりの条項,なかでもバラモン的要素はほとんどすべて取り除かれて独自のものとなっている。祭司制は無視され,結婚はもはや神聖なる儀式としては取り扱われていない。パーリ語のダンマサッタムはインドの《マヌ法典》の中の第8章と第9章とに包含されている民法および刑法に相当する規定を中心に構成されているが,モン語のダンマタはこのパーリ語のダンマサッタムの翻訳であって,サンスクリットのダルマ・シャーストラとは内容も構成もまったく異なったものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android