コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンストップサービス/ワンストップショップ わんすとっぷしょっぴんぐ

1件 の用語解説(ワンストップサービス/ワンストップショップの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ワンストップサービス/ワンストップショップ

ワンストップとは「1カ所または1回で」という意味を持つ。ワンストップサービスとは、関連する手続きや各種サービスを同時に完了できるもので、国が進める行政サービスがその例。ワンストップショップとは、消費者が1カ所で必要なものをまとめ買いできるよう、多様な商品やサービスを総合的に揃えた店舗のこと。コンビニエンスストアやパワーセンターなどの店舗の他、通販やオンラインショップにその例が見られるマーケティング的には、消費者にとっては利便性が高く、企業側にとっては顧客の囲い込みが期待できるとされる。またネットワークの強みが発揮できるため、新しいネットビジネスの形態として注目されている。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone