コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーキングホリデー制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ワーキングホリデー制度

2国間の取り決めで、若者休暇を過ごしながら就労できる制度日本オーストラリアの間では、1980年に始まり、毎年1万人前後が日本から来ている。対象は18〜30歳。2005年から条件を満たせば再取得が可能となり、計2年間滞在できるようになった。

(2014-10-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ワーキングホリデー制度の関連キーワードワーキング・ホリデー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワーキングホリデー制度の関連情報