ワーグナー(読み)わーぐなー(英語表記)Moritz Friedrich Wagner

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワーグナー(Moritz Friedrich Wagner)
わーぐなー
Moritz Friedrich Wagner
(1813―1887)

ドイツの生物学者。エルランゲン、ミュンヘンの各大学に学んだ。のちに世界各地を旅行し、各地域における動物相の相違と地理的障害との関係について考察し、初めは自然選択の作用に対する生物の移住の効果を説いたが、その後、自然選択の作用をほとんど無視して地理的隔離を重視する隔離説を提唱した。この考えはワイスマンらによって批判された。主著に、没後の1889年に出版された『地理的隔離による種の起源』がある。[八杉貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワーグナーの関連情報