ワーシル・イブン・アター(英語表記)Wāṣil ibn `Aṭā'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーシル・イブン・アター
Wāṣil ibn `Aṭā'

[生]700頃.アラビア
[没]748
ハサン・アルバスリーの弟子でムータジラ派神学の創始者と一般にいわれている人物である。大罪を犯した人間についての意見が師のハサン・アルバスリーと対立したため,師のもとから離れてみずからの学派を設立したという。この「離れた」あるいは「身を引いた」という意味のアラビア語動詞の能動分詞形 mu`tazilから,ムータジラ派という名称が,彼および彼の信奉者たちについて使われるようになったとされている。しかし実際には,ムータジラ派の名称の起源に関する定説はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android