コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーシル・イブン・アター Wāṣil ibn `Aṭā'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーシル・イブン・アター
Wāṣil ibn `Aṭā'

[生]700頃.アラビア
[没]748
ハサン・アルバスリーの弟子でムータジラ派神学の創始者と一般にいわれている人物である。大罪を犯した人間についての意見が師のハサン・アルバスリーと対立したため,師のもとから離れてみずからの学派を設立したという。この「離れた」あるいは「身を引いた」という意味のアラビア語動詞の能動分詞形 mu`tazilから,ムータジラ派という名称が,彼および彼の信奉者たちについて使われるようになったとされている。しかし実際には,ムータジラ派の名称の起源に関する定説はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーシル・イブン・アターの関連キーワードハサン・バスリーイスラム神学ムゥタジラ派

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android