ワーズワースの生家(読み)ワーズワースのせいか

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワーズワースのせいか【ワーズワースの生家】

イギリスのイングランド北西部、湖水地方北西端の町コッカマス(Cockermouth)の目抜き通りのはずれにある、同国を代表するロマン派の詩人ウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth、1770~1850年)の生家。ワーズワースは1770年、このタウンハウスで、裕福な法律家の5人兄弟の第2子として誕生した。ジョージ王時代の1745年の建物で、2004年6月に改装され、新しく子ども部屋やキッチンなどが再現されて公開されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android