コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーズワースの生家 ワーズワースのせいか

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワーズワースのせいか【ワーズワースの生家】

イギリスのイングランド北西部、湖水地方北西端の町コッカマス(Cockermouth)の目抜き通りのはずれにある、同国を代表するロマン派の詩人ウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth、1770~1850年)の生家。ワーズワースは1770年、このタウンハウスで、裕福な法律家の5人兄弟の第2子として誕生した。ジョージ王時代の1745年の建物で、2004年6月に改装され、新しく子ども部屋やキッチンなどが再現されて公開されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android