ワード線(読み)わーどせん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワード線

2次元状に並んだメモリーセルアレイの中から一列を選択するための制御信号線。メモリーセルは、ワード線とビット線の交点に置かれており、読み出し/書き込みを行なうアドレスに対応するワード線の電圧を上げることで、書き込み/読み出しが可能になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android