コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーラッハ Wallach, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーラッハ
Wallach, Otto

[生]1847.3.27. ケーニヒスベルク
[没]1931.2.26. ゲッティンゲン
ドイツの有機化学者。ゲッティンゲン大学で F.ウェーラーのもとに学び,1869年学位取得後,ボン大学の F.ケクレのもとで研究。同大学薬学教授 (1876) ,ゲッティンゲン大学化学研究所所長 (89) 。自然のままの芳香油の混合成分の分離に成功し,成分油 (テルペン類) の組成と性質を明らかにして,精油工業の飛躍的発展を促した。ショウノウに関する研究も知られている。また,加熱条件下に硫酸の作用によりアゾキシベンゼンからp-ヒドロキシアゾベンゼンを合成する方法を見出した (ワーラッハ転位) 。 1910年ノーベル化学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android