コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワールドリーグアジア・オセアニアラウンド

1件 の用語解説(ワールドリーグアジア・オセアニアラウンドの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ワールドリーグアジア・オセアニアラウンド

国際水泳連盟の主催で、毎年開かれている。今年は日本、オーストラリア、中国、イランニュージーランドの5カ国が総当たり戦を2回行い、上位2カ国が6月にイタリアで開催されるワールドリーグスーパーファイナルに進出する。ファイナルには世界から10チームが出場し、賞金10万ドルをかけて競う。ワールドリーグは五輪、世界選手権と並ぶ水球の3大大会の一つ。日本は同ラウンドで、06年4カ国中4位、07年3カ国中3位だった。

(2008-05-29 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone