コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワールド・ミュージック[world music] ワールドミュージック

音楽用語ダスの解説

ワールド・ミュージック[world music]

民族音楽を素材とした英語圏以外のポップス総称として'80年代初頭から使われ始めた。エスニック・ミュージックとほぼ同じ意味。西欧に限らず、アフリカ、アジア、東欧カリブ海、南米などの音楽が新たに注目されつつある。スペインのジプシー・キングス、セネガルユッスー・ンドゥールシンガポールのディック・リー、イスラエルのオフラ・ハザなどが世界的な成功を収めている。それまで西洋主体であった音楽シーンに行き詰まりを感じてのムーヴメントという見方もできる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

ワールド・ミュージック[world music]の関連キーワードハリソン(Lou Harrison)テン(Teresa Teng)スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドUKエイジアン・ミュージックロック(ポピュラー音楽)ポリス(ロック・バンド)アンジェリーク キジョーエリック クラプトンクロノス・カルテットピーター ガブリエルデービッド バーントーキング・ヘッズセルジオ メンデスジェリー ハリソンノラ ジョーンズフォーク・ソングビル ラズウェルブレーメン音楽祭ニュー・ウェーブシェリル クロウ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android