コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワールド・ミュージック[world music] ワールドミュージック

1件 の用語解説(ワールド・ミュージック[world music]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ワールド・ミュージック[world music]

民族音楽を素材とした英語圏以外のポップスの総称として'80年代初頭から使われ始めた。エスニックミュージックとほぼ同じ意味。西欧に限らず、アフリカアジア、東欧、カリブ海、南米などの音楽が新たに注目されつつある。スペインのジプシー・キングス、セネガルユッスー・ンドゥールシンガポールディック・リー、イスラエルのオフラ・ハザなどが世界的な成功を収めている。それまで西洋主体であった音楽シーンに行き詰まりを感じてのムーヴメントという見方もできる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワールド・ミュージック[world music]の関連キーワード民族音楽エスノテクノポップポップスESLアジアンポップスTEFLハチャトリアンポップミュージック和製ポップス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone