コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァルデンの導電率の法則 Walden's law of conductance

法則の辞典の解説

ヴァルデンの導電率の法則【Walden's law of conductance】

種々の溶媒中に溶解している,イオン,あるいは電解質の当量導電率 l(または当量伝導度 Λ)と溶媒の粘度 η との間に成立する法則.

lη=const. あるいは Λ=const.

という形で表現される.会合度の大きな液体(水やアルコールなど)や加水度の小さいイオン(Ca2+,K など)においてはずれが大きくなる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ヴァルデンの導電率の法則の関連キーワードヴァルデンの規則(電解質溶液)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android