コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァーゲンザイル:チェンバロのためのディベルティメント/piano solo Sechs Divertimenti für Cembalo/Klavier op.1

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ヴァーゲンザイル:チェンバロのためのディベルティメント/piano solo

ここでは「ディヴェルティメント」とは小規模なソナタのことを指す。
第1曲から第6曲までで構成されている。マリア・テレジアの娘マリア・アンナに献呈された。教育的な意味合いが込められていて、だんだんと難易 ...続き

ヴァーゲンザイル:チェンバロのためのディベルティメント/piano solo

宮廷鍵盤教師をしていたヴァーゲンザイルが、鍵盤楽器教育のために公妃に献呈した作品集。作品1と同様に教育的目的が込めらているが、この作品2は難易度でいえばより多様になっている。当時のウィーンにみられる多 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android