コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィットの発色説 Witt's coloration theory

1件 の用語解説(ヴィットの発色説の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヴィットの発色説【Witt's coloration theory】

有機化合物が有色となる原因として,ヴィットは,不飽和結合多重結合をもつ置換基によることを見いだし,これらの置換基を発色団(Chromophore)と呼んだ.色の深さは発色団の数が増加するにつれて増す(つまり吸収帯が長波長側にシフトする).このほかにそれ自身は発色団ではないが,色の深さに影響を与える原子団を助色団(auxochrome)と名づけた.現在の分子軌道論的取扱いの先駆的試みといえなくもない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴィットの発色説の関連キーワード環化無機化合物有機化合物有機スズ化合物有機有機物環状化合物極性基ヒ素化合物有機水銀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone