コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィントル岩 ヴィントルがんvintlite

岩石学辞典の解説

ヴィントル岩

角閃石ドレライトの一種で,ラボラドライトまたはバイトウナイトと褐色角閃石の斑晶を含み,細粒の石基は長石と角閃石からなり少量の石英を含んでいるもの[Pitcher : 1871, 1875].トナル岩玢(ひん)岩で微花崗岩状の石基の構造をしている.石英角閃石微閃緑岩あるいは斑状トナル岩で,褐色角閃石,石英,ラブラドライトの斑晶が含まれ,石基は中性斜長石,角閃石,ときに輝石あるいは黒雲母,少量の石英および正長石から構成される微花崗岩組織の岩石をいう.南チロルのクラウゼン(Klausen)のヴィントル(Vintl)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android