コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィントル岩 ヴィントルがんvintlite

岩石学辞典の解説

ヴィントル岩

角閃石ドレライトの一種で,ラボラドライトまたはバイトウナイトと褐色角閃石の斑晶を含み,細粒の石基は長石と角閃石からなり少量の石英を含んでいるもの[Pitcher : 1871, 1875].トナル岩玢(ひん)岩で微花崗岩状の石基の構造をしている.石英角閃石微閃緑岩あるいは斑状トナル岩で,褐色角閃石,石英,ラブラドライトの斑晶が含まれ,石基は中性斜長石,角閃石,ときに輝石あるいは黒雲母,少量の石英および正長石から構成される微花崗岩組織の岩石をいう.南チロルのクラウゼン(Klausen)のヴィントル(Vintl)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android