ヴェラ コミサルジェフスカヤ(英語表記)Vera Fyodrovna Komissarzhevskaya

20世紀西洋人名事典の解説

ヴェラ コミサルジェフスカヤ
Vera Fyodrovna Komissarzhevskaya


1864 - 1910
ソ連(ロシア)の女優。
父はオペラ歌手。スタニスラフスキーの下で演劇を修業。1896年ペテルブルグ帝室アレクサンドリンスキー劇場にデビュー。チェーホフの「かもめ」初演のニーナ役などで人気女優となるが1902年帝室劇場の保守性に反発して退団。’04年コミサルジェフスカヤ劇場を創設、ゴーリキーの「別荘人種」「太陽の子どもたち」を上演したり、メイエルホリドを招いて象徴主義演劇「ヘッダ・ガブラー」「修道女ベアトリーチェ」などに主演した。後彼と別れ、米国公演や巡業を続けたが天然痘で死亡。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報