コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一つ印籠・一つ印篭 ひとついんろう

大辞林 第三版の解説

ひとついんろう【一つ印籠・一つ印篭】

腰に、印籠一つだけを下げること。江戸初期、伊達だてな身なりとされた。 「草に音せぬ塗り鼻緒、-一つ前/歌舞伎・助六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報