コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一を識りて二を知らず いちをしりてにをしらず

大辞林 第三版の解説

いちをしりてにをしらず【一を識りて二を知らず】

〔荘子 天地
一側面だけは知っているが、それを応用できないこと。見識が浅いこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一を識りて二を知らずの関連キーワード一・壱天地見識荘子