コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ッ瀬ダム(読み)ひとつせダム

百科事典マイペディアの解説

一ッ瀬ダム【ひとつせダム】

宮崎県西都(さいと)市,一ッ瀬川中流にある発電用ダム。高さ130m,長さ415.6mのアーチダムで,有効貯水量1億5550万m3。1963年完成。ダムの下流2.7kmに最大出力18万kWの一ッ瀬発電所がある。
→関連項目米良

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の一ッ瀬ダムの言及

【一ッ瀬川】より

…上流部は,古くから米良(めら)とよばれ,谷の通行が不可能であるため集落は頂上近くの緩斜面に立地し,尾根伝いに道が通り,多くは熊本県側に通じていた。1963年,上流部の深い谷を利用して西都市片内に一ッ瀬ダム(最大出力18万kW)が完成した。国道219号線が谷沿いを熊本県人吉市へ通じる。…

※「一ッ瀬ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android