コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ッ瀬川 ひとつせがわ

百科事典マイペディアの解説

一ッ瀬川【ひとつせがわ】

宮崎県中部の川。長さ91km。熊本県境の市房山の東に発し,南東流して佐土原町(現・宮崎市)の東で日向灘(ひゅうがなだ)に注ぐ。上流から中流にかけては九州山地に深い谷をつくり杉安から下流は台地を開析する。
→関連項目西都[市]佐土原[町]新富[町]宮崎[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひとつせがわ【一ッ瀬川】

宮崎県中部を東流する川。熊本県境の九州山地に源を発し,東へ流れて新富町南端で日向灘に注ぐ。幹川流路延長91km,流域面積786km2。上流部は中生代四万十(しまんと)層からなる山地で,標高は1000m内外であるが,川の浸食が激しく,谷壁は急傾斜をなす。谷口の西都市の杉安から下流は,洪積台地が浸食されて広い谷をつくり,沖積地が発達している。河口には北岸から砂州が伸び,広い潟湖を抱く。上流部は,古くから米良(めら)とよばれ,谷の通行が不可能であるため集落は頂上近くの緩斜面に立地し,尾根伝いに道が通り,多くは熊本県側に通じていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一ッ瀬川の関連キーワード宮崎県児湯郡西米良村宮崎県児湯郡新富町佐土原[町]西米良[村]宮崎県西都市佐土原〈町〉西都[市]一ッ瀬ダム新富[町]新田原米良荘西都

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android