コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ツ瀬川 ひとツせがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一ツ瀬川
ひとツせがわ

宮崎県中部の九州山地に源を発し,東流して宮崎市日向灘に注ぐ川。全長 91km。谷の地形は河床に近い部分は絶壁をなすが,山頂に近づくにつれて傾斜がゆるくなり,道路や集落,畑地は山頂近くの緩傾斜地に立地。上流域一帯は古くから米良荘と呼ばれ,菊池氏残党が逃れ住んだと言い伝えられてきた。中流にある九州電力一ツ瀬ダムは日本有数のアーチ式ダム。河谷に沿って国道 219号線が熊本県の人吉盆地に通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひとつせ‐がわ〔‐がは〕【一ツ瀬川】

宮崎県中部を流れる川。東臼杵(うすき)郡椎葉(しいば)村南部の九州山地に源を発し、西都(さいと)市を経て宮崎市と児湯(こゆ)郡新富町の境で日向(ひゅうが)灘に注ぐ。長さ91キロ。中流の西都市片内には一ツ瀬ダムがある。下流域は早場米の栽培地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕一ツ瀬川(ひとつせがわ)


宮崎県中部を流れる川。2級河川(一ツ瀬川水系)。延長86km。九州山地の石仁田(いしにた)山(標高1359m)付近に源を発し、南東流して児湯(こゆ)郡新富(しんとみ)町で日向灘(ひゅうがなだ)に注ぐ。上流は急峻(きゅうしゅん)なV字谷を刻み、一ツ瀬ダムなどの発電用ダムがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ツ瀬川
ひとつせがわ

宮崎県中部、九州山地の椎葉(しいば)村に発し、西米良(にしめら)村を経てほぼ南東流し宮崎市、新富(しんとみ)町で日向灘(ひゅうがなだ)に注ぐ。延長82.8キロメートル、流域面積839平方キロメートル。西都(さいと)市杉安(すぎやす)より下流域は洪積台地を縫って沖積平野が開け、宮崎平野の一部をなすが、上流域は先行性河川で険しい峡谷が続く。このため河谷沿いの平地はきわめて少なく、集落は多くが山腹の緩傾斜面に分布する。流域はほぼ堆積(たいせき)岩の四万十(しまんと)層群である。上流部は板谷(いたや)川、小川(おがわ)川、銀鏡(しろみ)川など、下流部は三財(さんざい)川、三納(みのう)川などの支流が合流する。流域は多雨地帯のため、一ツ瀬など6発電所がある。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一ツ瀬川の関連キーワード西都原杉安峡県立自然公園九州中央山地国定公園宮崎海岸の浸食問題茶臼原古墳群西都原古墳群日向国分寺跡新田原古墳群都於郡城跡新富(町)日向国府跡松本塚古墳佐土原城跡西都(市)宮崎(県)金丸惣八千畑古墳西米良村宮崎平野茶臼原市房山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一ツ瀬川の関連情報