コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ツ葉海岸 ヒトツバカイガン

デジタル大辞泉の解説

ひとつば‐かいがん【一ツ葉海岸】

宮崎県南東部、宮崎市北東部の日向(ひゅうが)灘に面する海岸。南北にほぼ一直線の砂浜が10キロメートル以上続く。砂浜内部では高さ28メートルに達する海岸砂丘見られる大淀川河口付近には潟湖(せきこ)がある。市民の憩いの場。名の由来は、一つ葉の松があることから。一ツ葉の浜。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ツ葉海岸
ひとつばかいがん

宮崎市の日向灘(ひゅうがなだ)に面する海岸。青島(あおしま)付近を除いて、ほぼ南北に一直線の砂浜海岸が10キロメートル以上続いて一ツ葉海岸とよばれる。この砂浜は内部では松林となり、高い所で標高28メートルに達し、海岸砂丘を形成している。この砂丘は南流する沿岸流によってつくられ、内陸部にも過去の砂丘列が数条認められる。大淀(おおよど)川河口付近ではラグーン(潟(かた))がみられる。海岸に沿い一ツ葉有料道路が走る。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一ツ葉海岸の関連情報