コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一・壱・壹 いち

1件 の用語解説(一・壱・壹の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いち【一・壱・壹】

【 一 】 [音] イチ ・イツ
ひとつ。 「 一員 ・一日 ・一個 ・万一 ・唯一 」
はじめ。
順序の最初。 「 一階 ・一審 ・一年生 ・一番目 」
最高。最上。 「 一流 ・随一 ・一人者 ・世界一 」
ひとつである。ひとつにする。
同じ。同じものとしてまとまる。 「 《 イチ 》 一概 ・一様 ・一律 」 「 《 イツ 》 一致 ・一般 ・画一 ・帰一 ・統一 」
まとまりのある全体・総体。 「 一軍 ・一門 ・一家 ・一国 ・一身 ・一天 ・一党 」
もっぱら。ひたすらに。 「 一意 ・一途いちず ・一念 ・一向 ・一心 ・一徹 」
ある一つの。別の。不確定の。 「 一案 ・一夕 ・一説 」
ちょっと。少し。 「 一時 ・一瞥いちべつ ・一抹 ・一揖いちゆう ・一顧 ・一瞬 ・一片 ・一触即発 」
意味を強めたり明確にしたりする。 「 一躍 ・一挙 ・一決 ・一掃 ・一瀉いつしや千里 」
…したり、…したり。あるいは。 「 一喜一憂 ・一進一退 」
【 壱 ( 壹 ) 】 [音] イチ
数字「一」の大字。金銭証書などに用いる。 「 金壱万円 」
「壱岐いき国」の略。 「 壱州いつしゆう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone