コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一・壱 いち

大辞林 第三版の解説

いち【一・壱】

〔下にカ・サ・タ・ハ行の音がきて一語のように用いられると「いっ」となる〕
数の名。自然数の第一番目の数。ひとつ。 「 -円」 「 -本」 「 -冊」
順序の最初。 「 -の宮」 「 -の子分」
物事の初め。最初。 「 -から始める」
最高。最上。一番。 「クラスで-の悪童」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一・壱の関連情報