一丁・一挺(読み)いっちょう

大辞林 第三版の解説

いっちょう【一丁・一挺】

豆腐・刃物などのように「丁」を用いて数えられるもの一つ。 〔墨・駕籠かご・銃などは「一挺」とも書く〕 → ちよう
ひと勝負。ひと仕事。 「もう-揉んでやろう」
一町」に同じ。
(副詞的に用いて)物事を始めるときに用いる語。それでは。さあ。 「 -やるか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android