コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡 いちじょうだにあさくらしいせき

知恵蔵の解説

一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡

福井市にある戦国大名・朝倉氏の室町〜戦国時代の城下町遺跡。1967年以来の調査でこれまでに約11haを発掘調査。その結果、120m四方の館や武家屋敷、短冊形の町屋群、寺院などが計画的につくられ、上、下城戸(巨大土塁)内部に1万人以上が密集していたことが判明。2002年3月、朝倉氏が織田信長に滅ぼされる2年前の1571年につくられた金ぱく張りの珍しい石仏が発見されたのを始め、これまでに中国や東南アジアの陶磁器、武器、生活用具など150万点以上が見つかり、未調査の山城跡を含む278haが国指定特別史跡になっている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡の関連キーワード福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館一乗谷朝倉氏遺跡勝尾城筑紫氏遺跡福井県福井市朝倉ゆめまる一乗谷城跡福井(市)一乗谷城福井市一乗滝一乗谷福井足羽

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android