コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宇[村] いちう

世界大百科事典 第2版の解説

いちう【一宇[村]】

徳島県中部,美馬郡の村。人口1744(1995)。吉野川の支流貞光川上流域を占め,剣山北斜面に位置する。四周を急峻な剣山地に囲まれた典型的な山村。過疎化が激しく,1965‐80年の15年間に人口の約5割が流出した。1975年自然休養村の指定をうけ,観光農業の発展をめざしている。主要作物は柿,栗,シイタケ,茶などで,特に柿は有名。剣山の観光開発は近年急速に進み,国民宿舎剣山荘,県民の森,県営剣山スキー場などがあり,観光客でにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

一宇[村]の関連キーワード延享カルナータカ戦争鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村八女福島の燈籠人形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android