コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宇[村] いちう

1件 の用語解説(一宇[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いちう【一宇[村]】

徳島県中部,美馬郡の村。人口1744(1995)。吉野川の支流貞光川上流域を占め,剣山北斜面に位置する。四周を急峻な剣山地に囲まれた典型的な山村。過疎化が激しく,1965‐80年の15年間に人口の約5割が流出した。1975年自然休養村の指定をうけ,観光農業の発展をめざしている。主要作物は柿,栗,シイタケ,茶などで,特に柿は有名。剣山の観光開発は近年急速に進み,国民宿舎剣山荘,県民の森,県営剣山スキー場などがあり,観光客でにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一宇[村]の関連キーワード阿波郡山美馬小松島徳島貞光ゆうゆう館お秀武田信定阿波鶴齢の友