コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一挙に いっきょに

大辞林 第三版の解説

いっきょに【一挙に】

( 副 )
事態が一度に大きく変化するさま。一気に。 「事件は-解決に向かった」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一挙にの関連キーワードモバイルコンピューティングコンサドーレ札幌U―18ラッシュタクティクスW. ビッターリヒバズマーケティングピエロ マンゾーニポーラ テイラー八月十八日の政変シリアルプリンタ真綿で首を絞めるトニー レビンタグ・クラウド自然は飛躍せず東ベルリン暴動潟の堆積周期転がり落ちるドゥルガプル大量破壊兵器タグクラウドイーピーロム

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一挙にの関連情報