コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一支国 いきこく

大辞林 第三版の解説

いきこく【一支国】

「魏志倭人伝」にみえる一大国で、長崎県の壱岐島を指す。弥生中期・後期の原はる辻遺跡が中心集落。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一支国の関連キーワード長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触古代壱岐とカラカミ遺跡弥生時代のクニグニはるのちゃん魏志倭人伝原の辻遺跡海都くん末盧国壱岐島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一支国の関連情報