コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一斉清掃(5S用語) いっせいせいそう

1件 の用語解説(一斉清掃(5S用語)の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

一斉清掃(5S用語)

5Sの清掃段階に入ったときに、最初に行う大掛かりな清掃のこと。工場全体を対象に行う場合もあれば、管理エリア単位で行う場合もある。TPMの「初期清掃」に近い位置づけであるが、初期清掃が主に設備を中心に清掃と不具合発見やその復元を行うのに対し、5Sでは設備周辺や床、壁などを含めて行い、状況によっては設備を除外して行う場合もある。これは、連続運転をしているために設備の清掃時間を確保しづらかったり、設備が高度化したために一般オペレータによる設備の清掃が困難となっている場合があり、それによって5S活動が停滞するのを防止するための現実的な対応である。 一斉清掃を行う過程では、汚れの状況や不具合の点検をあわせて行い、今後どのようなサイクルで、またどんな方法で清掃を行っていくべきかの清掃基準を作成していく。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一斉清掃(5S用語)の関連キーワードRCアイドマ清掃困難箇所対策(5S用語)日常清掃(5S用語)一番茶返し馬見道トップバッター二審寄り付き(寄付)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone