コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条局(3) いちじょうのつぼね

1件 の用語解説(一条局(3)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条局(3) いちじょうのつぼね

?-? 南北朝時代の女官,歌人。
正親町公蔭(おおぎまち-きんかげ)の娘。正親町忠季(ただすえ)の妹。徽安(きあん)門院につかえる。のち光厳(こうごん)天皇の後宮にはいって対御方(たいのおんかた)とよばれ,義仁(ぎにん)法親王を生む。京極派の歌人として延文2=正平(しょうへい)12年(1357)ごろまで活躍し,琴もよくした。
【格言など】をちかたのさとは朝日にあらはれて煙にうすき竹のひとむら(「風雅和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

一条局(3)の関連キーワード正親町実胤三条西正親町公蔭正親町三条公明正親町三条公秀正親町三条実継正親町三条実仲正親町忠季三条局(4)対御方

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone