一柳友善(初代)(読み)ひとつやなぎ ともよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳友善(初代) ひとつやなぎ-ともよし

1716-1778 江戸時代中期の装剣金工。
享保(きょうほう)元年生まれ。篠崎保平(しのざき-やすへい)の門人。常陸(ひたち)水戸にすみ水戸藩の御用をつとめる。水戸彫りの一柳派の初代。竜図の透かし彫り鉄鐔(つば)など代々鉄鐔がおおい。安永7年7月16日死去。63歳。本姓は平野。通称は伊左衛門。屋号は長崎屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android