コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳 末徳 ヒトツヤナギ スエノリ

20世紀日本人名事典の解説

一柳 末徳
ヒトツヤナギ スエノリ

江戸時代末期〜大正期の子爵 貴院議員。



生年
嘉永3年7月19日(1850年)

没年
大正11(1922)年3月21日

出身地
播磨国(兵庫県)

経歴
丹波綾部藩藩主・九鬼隆都の五男。文久3年(1863年)播磨小野藩主一柳家の養子となり、家督を継ぐ。明治2年小野藩知事。7年子爵。23年貴院議員。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

一柳 末徳の関連キーワードウィリアム・メレル・ボーリズ一柳 満喜子一柳満喜子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android