一柳 末徳(読み)ヒトツヤナギ スエノリ

20世紀日本人名事典の解説

一柳 末徳
ヒトツヤナギ スエノリ

江戸時代末期〜大正期の子爵 貴院議員。



生年
嘉永3年7月19日(1850年)

没年
大正11(1922)年3月21日

出身地
播磨国(兵庫県)

経歴
丹波綾部藩藩主・九鬼隆都の五男。文久3年(1863年)播磨小野藩主一柳家の養子となり、家督を継ぐ。明治2年小野藩知事。7年子爵。23年貴院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android