コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳 満喜子 ヒトツヤナギ マキコ

20世紀日本人名事典の解説

一柳 満喜子
ヒトツヤナギ マキコ

大正・昭和期の教育者 近江兄弟社学園創立者;近江兄弟社会長。



生年
明治17(1884)年3月18日

没年
昭和44(1969)年9月7日

出生地
東京

出身地
滋賀県近江八幡市

学歴〔年〕
東京女高師附属高女,神戸女学院,ブリンマー女子大学卒

経歴
父は旧小野藩主の一柳末徳。明治43年G.A.ジョンストンによって受洗。35歳で帰国、近江兄弟社を設立し伝道活動を行っていたW.M.ヴォーリズ(一柳米来留)と大正8年に結婚、滋賀県近江八幡に住む。11年清友園幼稚園を設立、のちに近江兄弟社学園へと発展する。戦時中は軽井沢に疎開。戦後は近江八幡に戻り、近江兄弟社と同学園のために尽し、生涯を教育を通して伝道に捧げた。著書に「教育随想」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

一柳 満喜子の関連キーワードヴォーリズ ウィリアム・メレルウィリアム・メレル・ボーリズ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一柳 満喜子の関連情報