一柳 満喜子(読み)ヒトツヤナギ マキコ

20世紀日本人名事典の解説

一柳 満喜子
ヒトツヤナギ マキコ

大正・昭和期の教育者 近江兄弟社学園創立者;近江兄弟社会長。



生年
明治17(1884)年3月18日

没年
昭和44(1969)年9月7日

出生地
東京

出身地
滋賀県近江八幡市

学歴〔年〕
東京女高師附属高女,神戸女学院,ブリンマー女子大学卒

経歴
父は旧小野藩主の一柳末徳。明治43年G.A.ジョンストンによって受洗。35歳で帰国、近江兄弟社を設立し伝道活動を行っていたW.M.ヴォーリズ(一柳米来留)と大正8年に結婚、滋賀県近江八幡に住む。11年清友園幼稚園を設立、のちに近江兄弟社学園へと発展する。戦時中は軽井沢に疎開。戦後は近江八幡に戻り、近江兄弟社と同学園のために尽し、生涯を教育を通して伝道に捧げた。著書に「教育随想」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android