コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一渡り・一渉り ひとわたり

大辞林 第三版の解説

ひとわたり【一渡り・一渉り】

全体を通して一度おおざっぱに行うこと。副詞的にも用いる。ひととおり。一応。 「 -は調べた」 「 -目を通す」
初めから終わりまで一度通すこと。楽曲などを一回演奏すること。 「 -に楽一つを習ひて/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一渡り・一渉りの関連キーワード楽曲

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android