一瀬 益吉(読み)イチノセ マスキチ

20世紀日本人名事典の解説

一瀬 益吉
イチノセ マスキチ

明治・大正期の養蚕家 山梨県議。



生年
慶応1年12月2日(1866年)

没年
大正10(1921)年5月28日

出身地
甲斐国(山梨県)

経歴
明治32年山梨県上野村長。34年新品種の桑を発見し、大正5年一瀬桑と命名され、優良種として全国的に普及した。製糸場益進館の設立や桑園改良にも尽力した。4年山梨県議。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android