一票の格差をめぐる判決

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一票の格差をめぐる判決

2009年衆院選で、有権者数が最多の千葉4区と最少の高知3区の「一票の格差」は2・30倍。高知3区の有権者1人が1票を持つのに、千葉4区の有権者は2・3人で1票を持つ計算だ。最高裁は昨年3月、この格差を「違憲状態」と判断し、地方に議席を手厚く配分するため全都道府県にまず1議席を割り振る「1人別枠方式」廃止を求めた。違憲かどうかの目安は、各地の高裁判決などから2倍以上と指摘されている。

(2012-11-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一票の格差をめぐる判決の関連情報