一票の格差をめぐる判決

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一票の格差をめぐる判決

2009年衆院選で、有権者数が最多の千葉4区と最少の高知3区の「一票の格差」は2・30倍。高知3区の有権者1人が1票を持つのに、千葉4区の有権者は2・3人で1票を持つ計算だ。最高裁は昨年3月、この格差を「違憲状態」と判断し、地方に議席を手厚く配分するため全都道府県にまず1議席を割り振る「1人別枠方式」廃止を求めた。違憲かどうかの目安は、各地の高裁判決などから2倍以上と指摘されている。

(2012-11-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一票の格差をめぐる判決の関連情報