一竜斎貞山(2代)(読み)いちりゅうさい ていざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一竜斎貞山(2代) いちりゅうさい-ていざん

1839-1874 幕末-明治時代の講談師。
天保(てんぽう)10年生まれ。もと幕臣。初代貞山の門人。江戸浜町矢の倉にすみ,矢の倉貞山といわれた。著作に「岩見重太郎実記」がある。明治7年3月7日死去。36歳。姓は杉江。初名は双竜斎貞鏡(初代)。前名は真竜斎貞水(初代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android