コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一糸挂けず いっしかけず

大辞林 第三版の解説

いっしかけず【一糸挂けず】

〔蘇軾「贈虔州慈雲寺鑑老」〕
一糸まとわず 」に同じ。
かかわるものがなく、自由である。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一糸挂けずの関連キーワード一糸蘇軾