コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般用医薬品の通信販売規制

1件 の用語解説(一般用医薬品の通信販売規制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一般用医薬品の通信販売規制

厚生労働省は、大衆薬をリスク別に3段階に分類し、ビタミン剤などリスクが低いものを除き、インターネットや電話などによる通販を原則禁止するための省令改正をした。この省令が施行される6月からは、風邪薬のほか、漢方薬なども原則として対面販売以外は認められない。この規制で、高齢者や障害者らに損害が及ぶとの指摘を受け、舛添厚労相は事業者らを入れた有識者会議の設置を公表した。

(2009-02-16 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般用医薬品の通信販売規制の関連キーワード厚生省大衆薬厚生労働省医籍ADEM過労死認定基準厚生労働大臣労働政策審議会通販での大衆薬販売規制大衆薬の通信販売規制

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone