コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一華堂乗阿 いっかどう じょうあ

美術人名辞典の解説

一華堂乗阿

江戸前期の和学者・歌人・時宗の僧。甲斐生。武田信虎の子(一説猶子)。号は乗阿・一華堂・一花堂。駿河長善寺の体光に入門、同寺住職となる。高井尭慶・冷泉為和三条西実枝らに学び、実枝から古今伝授された。後陽成天皇進講、また、林羅山・菅玄同らにも『源氏物語』を講義した。晩年は京都七条道場金光寺に住した。元和5年(1619)歿、89才(一説に80才)。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android