コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一行阿闍梨 いちぎょう あじゃり

美術人名辞典の解説

一行阿闍梨

唐代の真言宗学僧。魏州昌楽生。太僕承懍の子。俗姓は張、名は遂、謚を大慧禅師。幼少より学問を好み、経史等を究め、のち嵩山の大照禅師普寂に禅を学び法嗣となる。また僧恵真に律を、善無畏金剛智に密教を学ぶ。『大日経疏』等を撰述し、『大衍暦』等を著した。開元15年(727)寂、45才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

一行阿闍梨の関連キーワード一行

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android