一閑張(一貫張)(読み)いっかんばり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

一閑張(一貫張)[紙工芸・和紙]
いっかんばり

四国地方、香川県の地域ブランド。
坂出市・丸亀市で製作される。讃岐の一閑張は、江戸時代の寛永年間(1624年〜1644年)に中国の明から帰化した塗師飛来一閑が創案したものといわれている。木や竹でつくった下地に和紙を張りかさね、防水効果のある柿渋を塗りかさねて仕上げる。塗りと陰干しを数十回繰り返すことで独特の光沢があらわれる。茶道具や小物類がつくられている。香川県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android