一龍斎 貞山(6代目)(読み)イチリュウサイ テイザン

20世紀日本人名事典の解説

一龍斎 貞山(6代目)
イチリュウサイ テイザン

明治〜昭和期の講談師 講談落語協会会長。



生年
明治9年11月26日(1876年)

没年
昭和20(1945)年3月10日

出生地
東京府京橋(現・東京都中央区)

本名
桝井 長四郎

別名
前名=一龍斎 貞花(3代目),昇龍斎 貞丈(3代目)

経歴
明治19年4代目貞山に入門、4代目没後の23年5代目貞山の門に入り、40年5代目が錦城斎典山となって、貞丈から6代目貞山を襲名した。細目のさわやかな声で「赤穂義士伝」を読み、ラジオが普及した昭和初期、電波に乗って全国的に名を知られた。15年講談落語協会初代会長も務めたが、東京大空襲で戦災死した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

一龍斎 貞山(6代目)
イチリュウサイ テイザン


職業
講談師

肩書
講談落語協会会長

本名
桝井 長四郎

別名
前名=一龍斎 貞花(3代目),昇龍斎 貞丈(3代目)

生年月日
明治9年 11月26日

出生地
東京府京橋(東京都 中央区)

経歴
明治19年4代目貞山に入門、4代目没後の23年5代目貞山の門に入り、40年5代目が錦城斎典山となって、貞丈から6代目貞山を襲名した。細目のさわやかな声で「赤穂義士伝」を読み、ラジオが普及した昭和初期、電波に乗って全国的に名を知られた。15年講談落語協会初代会長も務めたが、東京大空襲で戦災死した。

没年月日
昭和20年 3月10日 (1945年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

一龍斎 貞山(6代目) (いちりゅうさい ていざん)

生年月日:1876年11月26日
明治時代-昭和時代の講談師。講談・落語協会会長
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android