コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁子・丁字 ちょうじ

1件 の用語解説(丁子・丁字の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちょうじ【丁子・丁字】

フトモモ科の常緑高木。モルッカ諸島の原産。アフリカ・東南アジアで栽培される。葉は油点が多く芳香がある。花は筒状の白色四弁で香りが強く、枝頂に多数つく。蕾つぼみを干したものを丁子・丁香あるいはクローブといい、香料として珍重される。また蕾・花柄・葉などから丁子油をとり、香料・薬用とする。
家紋の一。丁子の実をかたどったもの。
ジンチョウゲの俗称。 [季] 春。
「丁子油」「丁子頭がしら」の略。
刃文の一。丁子菊に似たにぎやかな乱れ刃。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone