コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七ツ森古墳群 ななつもりこふんぐん

国指定史跡ガイドの解説

ななつもりこふんぐん【七ツ森古墳群】


大分県竹田(たけた)市戸上にある古墳群。阿蘇外輪山の東麓にあたる菅生(すごう)台地に所在する。円墳2基と前方後円墳2基からなる前期古墳群で、1959年(昭和34)に国の史跡に指定された。古墳は西からA~Dまでの番号が付けられており、A号墳は直径20m、高さ4mの円墳で、割り竹形石棺が発見された。石棺は身の中央に長さ80cm、幅25cmの刳()り込みがあり、被葬者は生後間もない乳児であると考えられている。B号墳は全長47m、後円部の径24m、高さ6m、前方部の幅6m、高さ2.5mの前方部が細長い柄鏡(えかがみ)式の前方後円墳で、後円部の中央から箱式石棺1基が発見され、棺内には男女2体の遺骸が納められていた。B号墳・C号墳の2基の前方後円墳からは、副葬品として6枚の銅鏡、勾玉(まがたま)、碧玉製石釧(いしくしろ)、鹿角装刀子(とうす)などが出土。このうち、碧玉製石釧は、破砕されて遺骸付近に散布された状態で発見されたもので、九州では出土例が少ない。古墳の形式や石棺の構造や出土品などから、古墳時代前期に造成された豊肥地区で最古の畿内(きない)型の古墳と推定されている。JR豊肥本線豊後竹田駅から車で約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

七ツ森古墳群の関連キーワード大分県竹田市戸上大分県竹田市前方後円墳竹田市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七ツ森古墳群の関連情報