コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七ツ釜 ななツがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七ツ釜
ななツがま

佐賀県北西部,東松浦半島北岸にある7つの海食洞の総称。唐津市に属する。玄界灘に突出する玄武岩台地の海崖に,波の浸食によって生じたもの。高さ約 40mの玄武岩の柱状節理がみられ,大きな洞窟は遊覧船の出入りができる。天然記念物に指定され,玄海国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ななつ‐がま【七ツ釜】

佐賀県西北部、唐津市屋形石にある海食洞。玄界(げんかい)灘の荒波により玄武岩が浸食されてできた柱状節理・洞穴。七つある洞穴のうち最大のものは高さ3メートル、奥行き110メートル。「屋形石の七ツ釜」として国指定の天然記念物になっている。玄海(げんかい)国定公園の一部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕七ツ釜(ななつがま)


佐賀県北部、東松浦(ひがしまつうら)半島の土器(どき)崎にある海食洞。玄界灘(げんかいなだ)の荒波に洗われた玄武(げんぶ)岩の柱状節理の断崖(だんがい)に7つの洞門が並び、国の天然記念物に指定。最大の洞門は間口・高さ各約3m、奥行き約110mに及ぶ。玄海(げんかい)国定公園に属し、呼子(よぶこ)港から洞内遊覧の船が出る。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七ツ釜
ななつがま

九州北部、壱岐(いき)水道(玄界灘(げんかいなだ))に突き出した東松浦(ひがしまつうら)半島の海岸にみられる玄武岩質の海食洞。七つの洞門があることからその名がついた。佐賀県唐津(からつ)市屋形石(やかたいし)に属し、土器(どき)崎の突出部にある。玄界灘の荒波が侵食する急崖(きゅうがい)には、みごとな玄武岩の柱状節理と海の青さをたたえる海食洞とが自然の造形の美を繰り広げる。大きな海食洞は、間口・高さ各3メートル、奥行100メートル有余にも及び、遊覧船で洞内に入ることができる。国の天然記念物に指定され、また玄海国定公園の一角をなす観光地。呼子(よぶこ)港から遊覧船で周遊約40分。[川崎 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

七ツ釜の関連キーワード新潟県十日町市田代佐賀県唐津市屋形石中里(新潟県)新潟県十日町市佐賀県唐津市佐賀(県)清津峡温泉中里〈村〉芥屋ノ大門唐津(市)西沢渓谷大杉峡谷国定公園大杉谷津南町清津川土器川崎玄海呼子

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七ツ釜の関連情報