コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七世市川中車 いちかわ ちゅうしゃ

1件 の用語解説(七世市川中車の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

七世市川中車

歌舞伎俳優。京都生。本名橋尾亀次郎、初名尾上当次郎、前名中山鶴五郎・市川八百蔵・初代尾上多見蔵。中山喜楽の門より九代目市川団十郎の門に転じ、その脇役として市川新蔵と技を競った。当り役は「時今也桔梗旗揚」の光秀役で、光秀役者と云われた。77年の生涯は努力の経歴であった。昭和11年(1936)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七世市川中車の関連キーワード中村歌右衛門(五代目)尾上菊五郎(六代)竹内鳴鳳大名題歌舞伎子歌舞伎役者名題下路考市川中車(7代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone