七代目市川団十郎(読み)いちかわ だんじゅうろう

美術人名辞典の解説

七代目市川団十郎

江戸後期の歌舞伎俳優。江戸生。五代目白猿(五世団十郎)の外孫。初名新之助・改め海老蔵。俳名三升・白猿。童名小玉。別号夜雨庵・寿海老人・二九亭。寛政6年初舞台。同12年襲名。文筆の才あり。狂歌俳諧を能くする。安政6年(1859)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七代目市川団十郎の関連情報